PR

 

ユカタン半島 遺跡巡りの旅

2012年1月31日〜2月24日

 

 

ユカタン半島周辺図と旅行ルート(遺跡マークをクリックするとその記事に飛びます)

 

 メキシコ南部、カリブ海に突き出したユカタン半島は、古代マヤ文明が栄えた遺跡の宝庫。

 今回の遺跡巡りの旅は、メキシコ最大のリゾート地であるカンクンを起点に、ユカタン半島を時計回りに巡りました。また、途中、未開のマヤ遺跡が数多く眠るベリーズを訪れました。


 

 



 

 遺跡巡りの旅 目次

 
第1回 旅の起点 カンクン
第2回 トゥルム遺跡、コバ遺跡
第3回 ベリーズ入国、オレンジウォーク
第4回 ラマナイ遺跡・ボートツアー
第5回 カラコル遺跡ツアー
第6回 シュナントニチ遺跡、カハルペチ遺跡
第7回 メキシコ・チェトゥマル、マヤ文化博物館
第8回 シュプヒル、ベカン遺跡、チカンナ遺跡
第9回 世界遺産 カラクムル遺跡
第10回 世界遺産 カンペチェ
第11回 エズナー遺跡
第12回 ユカタンの中心都市メリダ
第13回 黄色い町イサマル
第14回 ルータ・プーク1(ラブナ、サイル遺跡)
第15回 ルータ・プーク2(カバー、ウシュマル遺跡)
第16回 バジャドリッド、エク・バラン遺跡

 

第1回 旅の起点 カンクン

 

 カンクンは、すでに日本でもかなり知られた、メキシコ最大のリゾート地です。  カンクンの魅力はいろいろとありますが、最大の魅力は約20キロもの長さがある美しいビーチでしょう。ただし、この長いビーチのどこでも美しいかといえば、そうではありません。

 カンクンのビーチは、大まかにいって外海に面したビーチと湾に近い形になっている部分に面したビーチに分けられます。外海に面したビーチの海は波は高いのですが明るいブルー色でものすごく綺麗です。。

 ここにあるホテルはほとんどが高級で、オールインクルシブ・タイプのホテルも多いのです(下写真)。オールインクルシブというのは、宿泊だけでなく、食事、飲み物、サービスがすべて込みの料金になっているもので、宿泊客はホテルにいる限りお金を持つ必要がないのです。


カンクンビーチ

 

 一方、湾に面したビーチも中海と外海をつなぐ川のような部分を境に、外海側とダウンタウン側に分けられます。

  ダウンタウン側は波がほとんどなく、海藻がたくさん溜まるために海は黒っぽくてきれいではありません。私が泊まったホテルは、このビーチの最もダウンタウン側に位置していましたが、ビーチは狭く、両隣にボートの係留場がありました(下写真)。

 カンクンに泊まるなら、できるだけ外海側、あるいは外海に近い場所にあるホテルを選んだほうがいいわけです。


カンクンボートビーチ

 

  マヤの遺跡は、このカンクンにもあります。外海ビーチに並ぶ高級ホテルに囲まれて、ひっそりと立つのが「Templo de Alacran(さそりの神殿)」です。ビーチを見下ろす高台にあることから、監視所のような役割を持っていたと推測できます。

 ちょっと見ると、ホテルの敷地内にある壊れた建物のように見えますが、ここは政府が管理している場所で、「ここに入って何かあってもホテルは責任を負わない」という注意書きがありました。

 小さな遺跡ですが、ここから見るカンクンビーチの景色はなかなかいいので、カンクンに行く機会があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


カンクン遺跡
カンクンのビーチを望む高台に建つマヤの遺跡「Templo de Alacran」

 

 ユカタン半島一周の旅は、ここカンクンから始めます。ルートとしては反時計回りを選ぶ人が多いと思います。それは、カンクンの西にユカタンで最も有名な遺跡であるチチェンイツアや、遺跡巡りの基地として賑わうユカタンの主要都市メリダなどがあるからです。

 しかし、今回、私はカンクンの南に位置する遺跡群を巡るのを主な目的としているため、時計回りを選びました。

 まず、最初に訪ねるのはカンクンからバスで3時間ほど南下した場所にある「トゥルム遺跡」と、そこから東に約1時間程の所にある「コバ遺跡」です。

  トゥルム遺跡の近くにあるトゥルムという街まで行くため、ダウンタウンにあるバスターミナルに向かいました。ADOというバス会社が1等バスを運行しており、これを利用すると、早く、快適な旅ができるのです。

ADOバスターミナル
ADOのバスターミナル。チケット売り場には行列ができていることが多い上に、多くの客が販売員と相談しながらチケットを買うため時間がかかる。当日のチケットを買うなら早めに出かけたほうがいい。

 

 

「第2回 トゥルム遺跡、コバ遺跡」に続く

 

 

トゥルム・コバ遺跡 ラマナイ遺跡 カラコル遺跡 シュナントゥニチ遺跡 ベカン・チカンナ遺跡 カラクムル遺跡 エズナ遺跡


ラテンアメリカ博物館
Copyright 2014, K.Norizuki.all rights reserved