シュナントゥニチ遺跡(マヤ文明) ベリーズ



精巧な漆喰装飾が残るピラミッド神殿

エル・カスティーヨと呼ばれるピラミッド神殿

シュナントゥニチ遺跡は中米ベリーズの中西部、サン・イグナシオの近郊に位置するマヤの遺跡だ。この地域に人が居住を始めたのは先古典期(西暦250年以前)のことだが、西暦600年ころから都市が急速に拡大し、700年代に最盛期を迎えた。ちなみに、シュナントゥニチというのはマヤ語で石の淑女(Stone Lady)という意味で、遺跡に女性の幽霊が出るという噂を元に名づけられたそうだ。

この遺跡を代表する建築物はエル・カスティーヨ(El Castillo=城)と呼ばれるピラミッド型の巨大神殿。マヤの遺跡では城のような大きな建築物をスペイン語で「エル・カスティーヨ」と呼ぶことが多い。

シュナントゥニチのエル・カスティーヨは、高さ40mに及ぶ堂々とした作りの神殿だが、大きな特徴は、側面にマヤ独特のデザインが浮き彫りにされた化粧漆喰の装飾が残されていることだ。




シュナントゥニチ遺跡の入り口に流れる川を渡るための渡し舟(橋)。人力で浮き橋を動かして対岸に渡るようになっており、乗用車やバンならここに乗せて渡すことができる。実際の遺跡の入り口まではここから約2kmあるため、歩くのは少し大変だ。


シュナントゥニチ遺跡の全体図。遺跡見学は最初に図の右側から、上部の「PLAZA A2」に入る。


PLAZA A3から見た景色。一番奥にエル・カスティーヨが見え、その手前にある小山が建築物A1、その手前がPLAZA A2になる。緑が豊かで歩いていても非常に気持ちがいい遺跡だ。


エル・カスティーヨの上部。高さもあり、屋根飾りを備えた非常に立派な神殿という感じがする。


エル・カスティーヨの東側。立派な漆喰装飾が残っている。右の階段を上り、テラスを辿って背後に回ると神殿の上にまで登れるようになっている。


東側の漆喰装飾を拡大したもの。人の顔のようなものは、ユカタン半島のマヤ遺跡でよく見られる雨の神チャックをデザイン化したものだ。不自然なほど綺麗に残っているが、これは漆喰を保護するために上にかぶせた樹脂製のカバーで、本物ではない。ベリーズではこうした遺跡保護の方法がよく行われている。


西側にある漆喰装飾。こちらは東側ほど完全な形では残っていないが、チャックの顔やその周辺の幾何学模様など、東側とは異なったデザインになっている。


エル・カスティーヨの上から見た遺跡の北側。手前からPLAZA A1、建築物A1、PLAZA A2、その先に建築物A13、PLAZA A3、建築物A11が見える。ここからの眺めは見渡す限りの樹海も見え、爽快だ。


PLAZA A3の前に建つ建築物A11。遺跡図を見ると大きな建物の基壇の上に広場と建築物A11を乗せた複合建築物であることがわかる。これは神殿ではなく王や貴族の住居と考えられているようだ。

シュナントゥニチ遺跡の訪問レポートはこちら
第6回 シュナントゥニチ遺跡、カハルペチ遺跡


線


勝手に評価
評価の基準:★★★★★=文句なしに素晴らしい、絶対お薦め。★★★★=かなりいい、是非一度見てほしい。★★★=なかなかいい、見逃すのは惜しい。★★=まあまあ、期待しないで見てみてはどうでしょう。★=特にお勧めはしません。無星=なんだこれ、見ても疲れるだけ。

 小さな遺跡だがメインの神殿である「エル・カスティーヨ」はなかなか見ごたえがある。全体的な雰囲気が良くサン・イグナシオに行くならここには行ったほうがいい。周囲の自然が豊かで遺跡の神秘性が保たれている。アクセスは悪くない。周辺施設には特に見るべきものはない。

 

評価項目     評価
遺跡 ★★★
周囲の環境 ★★★
アクセス ★★★
周辺施設
お薦め度 ★★★

線



行き方

 ベリーズ中西部の町サン・イグナシオからグアテマラ国境方面に行くバスが遺跡の前を通る。ただ、そこから川を渡って遺跡の入り口まで結構遠い。タクシーを使うと、遺跡入り口まで行くことができる。タクシーはサン・イグナシオ市内で客待ちをしている。値段は交渉。


より大きな地図で マヤ遺跡位置図 を表示

 



 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2016, K.Norizuki.all rights reserved