ウシュマル遺跡(マヤ文明) メキシコ

世界遺産

ユカタン半島に花開いたマヤ文明の華


ウシュマルの象徴的な建造物、高さ36mの魔法使いのピラミッド
ウシュマルは紀元500年ころに建設が始まったとされるが、多くの建物は700年から1100年にかけて建設された、後古典期(900年〜1500年)の古代都市だ。ユカタン半島西部地域で最も強大な勢力を持ち、東部地域で最強だったチチェンイツアと同盟を結ぶことでユカタン半島のほぼ全域を支配していた。
  ユカタン半島のマヤ遺跡の中では建造物の保存状態が極めて良く、これを修復することで、マヤの華麗な壁面装飾であるプーク様式が見事に再現された貴重な遺跡だ。






魔法使いのピラミッド

魔法使いのピラミッドの西面。ピラミッドの多くは四角錐の形をしているが、このピラミッドは楕円錐形をしているのが特徴。四辺の角を丸くした階段状のピラミッドは他にもあるが、このように1段が長いスロープ状のピラミッドは非常に珍しい。この形状により、姿が優美で、どっしりとした迫力を感じる。上部にある神殿に昇るための階段が東面(上写真)と西面に付けられている。以前は、ピラミッドの上に登ることができたが、現在は遺跡保護のために登れなくなっている。


ピラミッドの西面に設けられた階段。脇に雨の神チャックの顔を並べた階段を上ると、蛇の口を模した神殿の入口に着くようになっている。神殿のみならず階段まで、切り石を使った華麗な装飾を施しており、マヤの神官が儀式に利用したものだろう。この階段は、東面より急な作りで、登頂禁止になる前に上り下りしたが、かなり恐い。





尼僧院

尼僧院
魔法使いのピラミッドの西に隣接して建つのが、ウシュマルのハイライトともいえる壮麗な建築物である尼僧院(Cuadranglo de las Mnjas)。中に四角い庭(Cuadranglo)を持つ複合建築物で、東西南北に異なったデザインの建物が建てられている。写真は、南側の建物に設けられた中庭への通路。マヤの持ち送り式アーチになっている。奥には北の建物が見える。


 シンプルだが力強いデザインの東の建物。後ろに魔法使いのピラミッドの頭が見えている。表面の装飾は、中央にプーク様式で頻繁にみられる雨の神チャックの顔、左右の6つの逆台形は両側に頭がある蛇を並べたものだ。


華麗な装飾が施された北の建物。四方の建物の中で、この建物のみ高さ7mの基壇の上に載っている上、基壇中央には神殿装飾の部屋が設けられている。東と西は上写真のように2.5mの基壇のみで、南は基壇がない。このことから、北側が最も重要な建物、あるいは広場での儀式の際に王や高位神官が使用した施設であったことがうかがえる。


雨の神チャック像の拡大図。4つの顔が積み重なっているデザインだが、彫刻した切り石を組み合わせる、立体ジグゾーパズルのような技法で作られている。





総督の館

 尼僧院の南、遺跡のほぼ中央部に位置するのが「総督の館」。堂々とした石造りの建物に驚嘆したスペイン人が名付けた建物。長さ187m、幅153m、 高さ12mの基盤の上に、長さ100mの巨大な建物が乗っている。大きさ、デザイン的な迫力、壁面の切石モザイクの精緻さ、どれをとっても、現存するマヤ建築の最高峰といえるだろう。


「総督の館」の正面装飾。写真では分かりにくいが、中央に尼僧院の東の建物にある両端に頭がある蛇の意匠が用いられ、上部には雨の神チャックの顔が並んでいる。渦巻き文様と斜め格子のデザインを組み合わせた非常に精巧なモザイクだ。


「総督の館」の両側にあるマヤ式アーチの上部。両角にチャックの顔が重なったデザイン、壁面には渦巻き文様が用いられている。




夕日に染まるウシュマル遺跡。遺跡の周囲は見渡す限り緑の森が覆っている。古典期にマヤの大都市が栄えた南の熱帯雨林とは異なり、ユカタンは雨が少なく低木が多い。
 

ウシュマル遺跡の訪問レポートはこちら
第15回 ルータ・プーク2(カバー、ウシュマル遺跡)



線




評価の基準:★★★★★=文句なしに素晴らしい、絶対お薦め。★★★★=かなりいい、是非一度見てほしい。★★★=なかなかいい、見逃すのは惜しい。★★=まあまあ、期待しないで見てみてはどうでしょう。★=特にお勧めはしません。無星=なんだこれ、見ても疲れるだけ。

ウシュマルの壁面装飾のモザイク技術とデザインは本当に素晴らしい。魔法使いのピラミッドは規模も大きいし、見ごたえがある。周囲の環境も悪くない。総督の館の後ろにあるピラミッドに登る周囲に広がる樹海が見渡せる。アクセスは旅行社のツアーを使えば簡単だ。ウシュマルとカバーの2ヵ所を訪ねるツアーが毎日出ている。周辺施設もかなり充実しているが、その分、入場料は高い。
 評価項目     評価
 遺跡 ★★★★★
 周囲の環境 ★★★★
 アクセス ★★★★
 周辺施設 ★★★★
 お薦め度 ★★★★★

線



行き方


ウシュマルは、メキシコ・ユカタン半島の中心都市メリダからバスで2時間程の所にある。ウシュマルに行くにはメリダから定期バスで行くか、遺跡ツアーを利用することになる。ウシュマルの周辺にもカバーなどの遺跡があるので、そちらも見たいが時間がないというのならツアーがいいだろう。時間を気にせずにゆっくり遺跡を見たいなら定期バスで行ったほうがいい。また、夜の遺跡をライトアップして開かれるショーを見るツアーもあるようだ。

 

HOME 南米の遺跡 マヤ文明 世界遺産 コロニアル都市


 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2016, K.Norizuki.all rights reserved