メキシコ国立自治大学 中央キャンパス (メキシコ)
UNAM:Universidad Nacional Autonoma de Mexico


世界遺産

革命の精神が息づくマンモス大学 UNAM

UNAM

メキシコ国立自治大学の中央キャンパスと中央図書館

メキシコ国立自治大学(UNAM)は、1551年にメキシコ王立大学として創設された。現在の学生数は30万人にも達する、ラテンアメリカで最大規模の大学だ。

キャンパスの広さは700万屬噺世錣譴襪ちょっとした町ほどの大きさがある。元々、溶岩に覆われた広大な荒地に、上写真の中央キャンパスや各学部、様々な研究所、放送局、巨大スーパー、劇場、映画館などが作られた。土地が広いために学部間はかなりの距離がある。このため、キャンパス内を走る有料の路線バスと無料の学内バスを利用して移動する。

中央キャンパスのシンボルとなっているのが上写真にある中央図書館。その四つの壁面には、建築家から画家に転向したフアン・オゴルマンによる、メキシコの神話や歴史を描いた巨大なモザイク壁画がはめ込まれている。また、大学本部の建物にはメキシコの壁画運動を牽引した3大巨匠の一人である、ダビド・アルファロ・シケイロスの壁画もある。

中央キャンパスのもう一つの特徴は、芸術作品なども並ぶ非常に広い緑の芝生があり、そこで本を読んだり、食事をしたり、スポーツをしたりできることだ。2007年に世界文化遺産に登録された。



せん


図書館の壁を覆うフアン・オゴルの巨大なモザイク画。


大学本部棟の壁に描かれたシケイロスの立体的な壁画。


哲文学部の通路にはいつも学生がいっぱい。


 

 

UNAMでは様々な勉強ができる!

UNAMには外国人教育センター(CEPE)という組織があり、海外からの学生を受け入れている。このセンターの特徴は、スペイン語のコースがメインではあるが、語学以外の講座が非常に充実していることだ。

講座は、文学、歴史、政治から美術や演劇まであって、特に文学や歴史は内容が細分化されていて、入門者向けからかなり高度なクラスまである。

語学以外の講座はスペイン語が中級以上なら受けられるが、実際には上級以上の力がないと付いていけないだろう。また、スペイン語の勉強だけやっていると、話は理解できるが発言はできないということになる。日本人にはこういう人が多く、一部の講座では日本人お断りと言われることがある。ただ、話ができればいいので、そう言われても引き下がらずに頑張って授業を受けるようにすることでスペイン語で発言する力がつくようになる。

 また、CEPEの講座だけでは物足りないと言う人は、UNAMの授業を聴講することもできる。ちゃんと授業に出れば、先生からは正規の学生と同じ扱いをしてもらえる。もちろん、正式の手続きを踏んで学生になることも可能だ。

 ラテンアメリカの歴史や政治などに興味があれば、UNAMの学内では特別講座や報告会などが頻繁に開かれており、誰でも参加して質問や発言ができる。また、学内の講堂などでは頻繁に映画会が開かれており、安い料金で世界中の良質の映画を見ることができる。

 なお、現地滞在にはCEPEが部屋を紹介してくれる。少し金額を多く出せばかなり快適な部屋が見つかるはずだ。この面では、部屋が汚くて高いスペインよりかなり恵まれている。

詳しい情報はUNAM・CEPEのサイトからどうぞ。講義のスケジュールやUNAMとCEPEの地図もある。

http://www.cepe.unam.mx/

CEPEの庭にあるカフェテラス。



行き方

unam地図
UNAMの中央キャンパスへは地下鉄の3号線のCOPILCO(コピルコ)駅を利用するのが便利。3号線の終点は大学を意味するUniversidadだが、UNAMの敷地は非常に広いため、そこまで行ってしまうと、中央キャンパスまでバスで行かなければならなくなる。コピルコ駅から中央キャンパスまで歩いて10分ほど。

 また、メトロバス1号線に乗りDr.Garvez駅で下りると、5分ほどで中央キャンパスに行ける。

 





 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2016, K.Norizuki.all rights reserved