ティカル遺跡(マヤ文明) グアテマラ

世界遺産


密林に眠る巨大王国 ティカル

ティカル遺跡
ティカルの1号神殿。別名ジャガー神殿

数多いマヤの遺跡の中でも最大の規模を誇るのが「ティカル」。グァテマラの密林の中に巨大なピラミッドが聳え、周辺には無数の古代の都市の跡が散在している。写真は最もよく復元された1号神殿。最上部の神殿上には飾り屋根を持つ美しいフォルムだ。数あるマヤ文明の遺跡の中でも最高峰と言える、密林に包まれた神秘的な遺跡だ。

ティカルは紀元4世紀ころに最初の王朝が誕生し、次第に勢力を強めたが、6世紀になってカラクムルやカラコルといった周辺の有力な都市との対立が激化して一時は衰退。しかし、7世紀の末にカラクムルを破って復興を遂げた。その後、人口増加による環境破壊が進み、深刻な干ばつが重なることによって9世紀ころから衰退していったとされている。




ティカル国立公園の入り口。ここで入場チケットを購入する。


ティカルの地図。クリックすると拡大図が表示されます。


遺跡内は密林に覆われており、何本もの見学路が設けられている。要所に立てられている標識をよく見ないと迷ってしまう。


ティカル1号神殿(テンプロ機法9發51mあり、上部の神殿入り口にジャガーの彫刻があったことから「ジャガー神殿」と呼ばれる。マヤの他の都市のピラミッドと比べ非常に傾斜がきついのが特徴で、登るのは怖い。現在は遺跡保護のため登頂は禁止されている。

2号神殿の上から見たグラン・プラサ(大広場)と1号神殿。

1号神殿と向かい合わせに建つ2号神殿(テンプロ供法こちらは上部テラスに登ることができる。




グラン・プラザから西に向かうと3号神殿(テンプロ掘砲料阿鯆未蝓▲謄カル最も背が高い建造物である4号神殿(テンプロ検砲帽圓着く。4号神殿は高さが65m弱ある。マヤの神殿は、ピラミッド状の基台の上に神殿が乗っている形が基本だが、この神殿の上に更に華麗な装飾を施した「屋根飾り」が付くことも多い。この飾りが乗った完全な形の4号神殿は70mを超え、マヤで最も高い建物とされるエル・ミラドールのラ・ダンタという神殿に匹敵するということだ。

森に埋もれたようになっている巨大な4号神殿。下部基盤の修復が進んでいるので、いずれ全体が復元されるかもしれない。

4号神殿の脇に設けられた木製の階段。これで上部のテラスに登れる。

4号神殿上部のテラスから見た景色。右が3号神殿、左に1号神殿と2号神殿が見える。この場所は映画スター・ウォーズの第一作に登場したことで、世界的に有名になった。




4号神殿から南に方向を転ずると、ムンド・ペルディード(失われた世界)がある。ここにあるのはティカルで最も古い時代の建造物群で、大ピラミッドの形は、底辺が広い、どっしりとした四角推。建物の形状からメキシコ中央高原の巨大文明であるテオティワカンの強い影響を受けていることがわかる。

失われた世界のタルー・タブレロ神殿。他の神殿とは形が異なり、メキシコ中央高原のテオティワカンのスタイルになっている。こちらは登ることができる。

失われた世界のメイン・ピラミッド。こちらは登頂禁止だ。




森の中を先に進むと、新たに修復された5号神殿(テンプロ后砲帽圓着く。この神殿は高さ58m弱あり、ティカルでは2番目に高い建造物だ。この神殿の上からの眺めもいいのだが、現在は登頂禁止。 さらに、森の中を30分ほど歩くと6番目のピラミッドである6号神殿(テンプロ此砲謀着。修復もあまり進んでいない小型の神殿だが、それが神秘的な雰囲気をとどめていていい感じだ。

どっしりした感じがする5号神殿。

狭くて足場の悪い道が延々と続く6号神殿への道。

小型だが全体像が把握できて、雰囲気がいい6号神殿。



ティカル遺跡の訪問レポートはこちら
第8回 ティカル遺跡


線




評価の基準:★★★★★=文句なしに素晴らしい、絶対お薦め。★★★★=かなりいい、是非一度見てほしい。★★★=なかなかいい、見逃すのは惜しい。★★=まあまあ、期待しないで見てみてはどうでしょう。★=特にお勧めはしません。無星=なんだこれ、見ても疲れるだけ。

マヤ最大の遺跡と言われるが、ティカルは大きさだけでなく、建造物の素晴らしさや神秘性においてもマヤ遺跡の最高峰だ。難点といえば、首都グアテマラシティから遠く、遺跡近くの町までバスで10時間かかることだろう。しかし、そのお陰で観光客がそれほど多くなく、遺跡の神秘性も保たれているという利点がある。

ただ、近年は飛行機を使ったツアーが増え、さらに、ティカル周辺の遺跡や観光地の開発などが進んで、昔に比べて観光客は格段に多くなった。

周辺施設もホテル、レストラン、博物館と必要なものはすべてある。お薦め度は文句なしに★★★★★。



評価項目     評価
遺跡 ★★★★★
周囲の環境 ★★★★★
アクセス ★★
周辺施設 ★★★★
お薦め度 ★★★★★

線




グァテマラシティからティカルへのバスルート

ティカルへは、グァテマラの首都グァテマラシティから行くのが一般的。飛行機が近隣の町フローレスまで飛んでいるため、これを利用する観光客が多い。グァテマラシティやアンティグアからのツアーも数多くある。

のんびり行くのならバスがお勧め。フローレスまで約8時間かかるため、夜10時ころグアテマラシティを出発すると朝6時過ぎに着くことになる。フローレスはペテン・イッツア湖に浮かぶ島に造られた町で、ホテルやレストラン、ツアーオフィスが通りに並び、一年中、観光客で賑わっている。

フローレスからティカルに行くには、ツアー会社が運行するバスを使う。安く上げたいなら、遺跡で働く人たちが主に利用するローカルバスもある。フローレスからティカルまでは1時間半〜2時間かかる。

ティカル遺跡は非常に広く、見るのに時間がかかる。ゆっくり見学をしたいとか、人が行かない時に遺跡を見たいというのなら、遺跡の横にあるホテルに宿泊するのがお勧め。早朝や夕方にピラミッドの上に登ると感動的な光景が見られる。



より大きな地図で グアテマラ遺跡図 を表示

 

 



 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2016, K.Norizuki.all rights reserved