エル・タヒン遺跡(トトナカ文明) メキシコ


世界遺産

メキシコ湾岸に栄えた古代都市 エル・タヒン

多くのピラミッド神殿が建つタヒン遺跡の中心部(Zona Central)。
メキシコ湾岸の古代遺跡で最も有名なのがこの「エル・タヒン」だ。この都市を築いたのは、一般にはトトナカと呼ばれる文明に属する人たちだといわれており、西暦600年ころから1200年ころにかけて栄えた。ただし、最近の研究では、マヤ文化圏の北限に居住していたワステコ・マヤ(ワステカ族)によって築かれた可能性があるそうだ。いずれにしろ、トトナカやワステカは、あまり有名な文化ではないため、特に日本ではあまり知られていない。しかし、壁龕のピラミッドを中心に、神殿や住居跡など、数多くの石造建築物が残されており、かなりみごたえのある遺跡だ。1992年に世界遺産に登録された。




エル・タヒン遺跡といえば、「ラ・ピラミデ・デ・ロス・ニチョス」、つまり「壁龕のピラミッド」が最も有名だ。この窓のような壁龕は1年の日数と同じ365あり、暦の役割を果たしていたようだ。上部が崩壊しているため、現在の高さは約20mだが、元はもっと高かったという。それほど大きいピラミッドではないが、特異な姿は、見る者を驚かせるほどのインパクトがある。

壁龕のピラミッドを後方から見たところ。たくさんの窓のようなくぼみを並べ、その上に屋根のひさしを付けたような独特の建築スタイルだ。

 球戯場に併設された神殿。この写真のように、エル・タヒンの建築デザインは、テオティワカンに見られるタルー(斜面)とタブレロ(垂直面)の組み合わせに加え、タブレロ部分に壁龕や写真のような円柱装飾を用いることと、タブレロの上にせり出した屋根のようなひさしを設ける複雑な形状になっている。この神殿は上部が崩壊してしまっているが、2層目は長いタルーの上に1層部と同じタブレロ部分があり、その上に3層もあったと予想できる。


 天然ゴムのボールを使った球技が行われた球戯場。エル・タヒンは古代球技発祥の地とも考えられるほど球戯場がたくさんあり、その数は17にも上るという。マヤなどの一般的な都市には1〜2程度しかない。写真のように、規模も作りもかなり立派で、神事と球技の結びつきの強さが感じられる。


最盛期には人口2万人に達したというエル・タヒンの中心部分。数多くの神殿が立ち並ぶが、まだ修復されていない神殿が多い。



 トトナカ文化の儀式「ボラドーレス」

 トトナカは「ボラドーレス(飛ぶ人)」という儀式で有名。これは、30メートル以上もある長い棒の上から、4人の人間がロープで逆さ吊りになって回転しながら降りてくるものだ。エル・タヒン遺跡の入り口前にあるボラドーレス専用のスペースで毎日何回か行われている。そのほかパパントラの町や、メキシコシティなどでも見ることができる。
ボラドーレス



線




評価の基準:★★★★★=文句なしに素晴らしい、絶対お薦め。★★★★=かなりいい、是非一度見てほしい。★★★=なかなかいい、見逃すのは惜しい。★★=まあまあ、期待しないで見てみてはどうでしょう。★=特にお勧めはしません。無星=なんだこれ、見ても疲れるだけ。

知名度の低い遺跡だけに、あまり期待しないで行ったが、なかなかいい遺跡だった。遺跡のエリアが非常に広く、建物の数も多い。壁龕のピラミッドのような不思議な姿をした建造物は他にはないだけに見る価値あり。

周囲の環境は普通だが、遺跡の近くにあるパパントラという小さな町が実にいい。いかにも、メキシコの平和な町といった雰囲気があり、小説の舞台になりそうだ。タヒンに行くなら、ぜひこの町に一泊することをお薦めする。

アクセスは、メキシコシティから遠く、あまり良くない。

 評価項目     評価
 遺跡 ★★★
 周囲の環境 ★★★
 アクセス ★★
 周辺施設 ★★★
 お薦め度 ★★★


線

 

周辺情報
展示物が充実したハラパ人類学博物館
巨石人頭像 メソアメリカ最古の文明といわれるオルメカやメキシコ湾岸に栄えたトトナカ文化の遺物を中心に展示している近代的な博物館。両文化の展示物に関しては、メキシコ国立人類学博物館をしのぐ充実ぶり。展示方法も優れている。

線

 



エル・タヒン遺跡に一番近い都市は、ポサ・リカだ。直接ポサ・リカに行くバスもあるし、特にベラクルス方面は長距離バスの便が非常に多い。もし、ハラパに行くならトトナカやオルメカの展示物が充実した人類学博物館は必見。

ポサ・リカからはエル・タヒン行きのバスがあるが、できればパパントラまで行って1泊したい。パパントラからはローカルバスで15分から20分でタヒンに着く。ルートは上の図のようになる。 ポサ・リカやベラクルス方面行きのバスが出る「東方面バスターミナル」は、地下鉄「SANLAZARO」駅の隣にある。

 


より大きな地図で メキシコ世界遺産 を表示

 

 

HOME 南米の遺跡 マヤ文明 世界遺産 コロニアル都市


 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2016, K.Norizuki.all rights reserved