エドゥアルド・アバロア自然保護区
ボリビア

エドゥアルド・アバロア自然保護区はボリビア南部、チリとの国境近くの4000m〜5000mに達する場所にある。特に有名なのが赤い湖という意味の名前がついたラグーナ・コロラダ。赤い藻が繁殖しているために赤く見える湖だ。湖面にはピンクのフラミンゴの群れがいて、荒涼とした景色に花を添えている。

 

ウユニとエドゥアルド・アバロア自然保護区の地図

ウユニ発の2泊3日ツアーが毎日出ている。車はランクルを使っており、1車両6人が定員。また、ツアーに参加し、途中で車を降りてチリのアタカマに向けて旅行する人も多い。


ウユニ塩湖から南へ、4000mを超える高原地帯を車で走ると、荒涼とした風景が延々と広がっている。


エドゥアルド・アバロア自然保護区へは、ウユニ塩湖を含めた2泊3日のツアーで行くことができる。塩湖を見た後、ランクルは大平原の中にあるチュピカという小さな村に到着。この村にある塩でできた山小屋が1日目の宿泊施設。外観からは分からないが、中に入ると確かに壁などが塩でできていて、歩くと床の塩がジャリジャリと音を立てる。


宿泊施設の部屋。床も壁もテーブルも塩でできている。


車はチナグア塩湖を通り、南のエドゥアルド・アバロア自然保護区を目指す。この辺りは標高5868mのオヤグエ火山などがあり、広大な砂漠地帯を走る車窓から素晴らしい景色が楽しめる。


途中にはいくつかの湖があり、水の中にいるフラミンゴの群れを見ることができる。雪を被った山の麓に広がる湖にフラミンゴが群れる光景は神秘的な感じだ。


昼食は、途中の景色がいい場所に車を止めて摂る。メニューはチキンとソーセージにポテトフライとサラダ。野外で食べるのは気持ちが良い。


車は4000m超の荒野をひたすら走り続ける。砂漠のラリーをやっているような感じだ。


午後になってアルボル・デ・ピエドラ(石の木)に到着。風化や浸食によってできた奇岩が集まっている場所だ。特に有名なのが、細い幹から葉が茂った木のような形になっている石。


夕方になって、この日のハイライトであるラグーナ・コロラダに到着。赤い湖という意味の名前の通り、赤く染まった不思議な湖面が目の前に広がっている。


フラミンゴを比較的近くで見ることができる。


2日目の宿泊はエドゥアルド・アバロア自然保護区の中にあるロッジ。1泊目より少し制限が多くなり、電気は夕方7時から9時ころまでしか使えない。


翌朝は朝5時出発。暗闇の中を走ると、白い煙がもうもうと立ち上っている所に出る。間欠泉だ。気温は氷点下だが、蒸気は温かくて気持ちいい。


近くには温泉もある。湖の岸辺から温泉が湧いていて、プールのような露天風呂が作られている。たぶん、世界で最も高い場所にある露天風呂だろう。


3日目はエドゥアルド・アバロア自然保護区を南下してチリとの国境まで行く。標高4300mから5000m近い高地の移動だ。


途中「ダリの砂漠」と呼ばれる場所がある。植物が育たず荒涼とした光景が、ダリが描いたシュールな光景に似ているためこの名がついた。


チリとの国境に到着


周辺には美しいアンデスの山がそびえる。上れそうな感じもする・・・!?


帰り道、ランクルは荒野の道を北に向かってひた走る。この辺りは、砂や石の砂漠ではなくアンデス特有の高山植物が生い茂っている。


昼食を摂った村のリャマ。昼食の後はひたすらウユニに向かって走る。


3時ころにサン・クリストバルという町で休憩。ここではアイスクリームが売られていた。そこから1時間半ほどたった4時半にウユニに帰って来た。



ラテンアメリカ博物館
Copyright 2019, K.Norizuki.all rights reserved
ラテンアメリカ博物館