パナハッチェル グアテマラ


グアテマラ国旗


伝説の湖を望むマヤ観光の拠点

パナハッチェル

アティトラン湖に面したパナハッチェルの桟橋。ここから、湖の周囲にある村々への渡し舟が出ている。

世界一美しい湖とグアテマラ人が自慢するアティトラン湖の畔にある町パナハッチェル。以前は、中南米を旅するバックパッカーたちから愛された静かな村だったが、自然の美しさと周囲にあるマヤの村々に残る文化が注目を浴び、観光化が急速に進んだ。近年、特に欧米からの観光客が増え、今ではグアテマラ屈指の観光地となっている。

急速な開発によって、田舎町ののどかさや静けさが失わてしまったのは残念だが、観光地としての利便性は高まり、ホテル、レストランには事欠かない。日本人旅行者にとっても、物価が安い上に、日本人経営のホテルやレストランもあり、長期滞在する

 


パナハッチェルのメインストリート。地元の若者や観光客で昼間は常に混雑している。


グアテマラでも一、二を争う観光地だが、新しく作られた町なので情緒はない。周辺の村から買い物などに出てきたマヤの女性も多い。


アティトラン湖に面したパナハッチェルの展望台。複数の火山を望む景色は綺麗だ。


湖岸には湖で獲れる魚などを使った料理を出すレストランが並び、湖の風景を見ながら食事ができる。


レストランで出てきた魚、カニ、海老などが入ったスープ。値段がかなり高い割に味はいまいち。


町中にあるマヤのカクチケル族の文化などを紹介する博物館。この中に日本料理のレストランがある。


博物館の中庭に面したレストラン「HANA」。写真はテーブルから見た中庭。左側にあるのは厨房。


レストランでカツ丼を食べたが、量も多く、おいしかった。このほか、寿司やてんぷらなど、基本的な日本料理がそろっている。


パナハッチェルの町はともかく、世界一美しいとグアテマラ人が誇るアティトラン湖とその周囲の光景は素晴らしい。


線
 



アティトラン湖の周辺にはマヤの村が点在しており、パナハッチェルからは各村を結ぶ定期船が出ている。1日でたくさんの村を巡りたい人には、旅行会社が主催する村巡りのツアーもある。

 

線
 





グアテマラシティからパナハッチェルに行くには、まず、ケツアルテナンゴ方面行きのローカルバスでロス・エンクエントロスまで行き、そこで県都ソロラ行きに乗り換え。ソロラでさらにパナハッチェル行きのバスに乗り換える。

 アンティグアからも同じようにローカルバスを乗り継いで行くことができるが、旅行会社が運行する直通のワゴン車があるので、それを使うほうが便利。アンティグアのペンション田代、あるいは町中の旅行社で紹介している。

 

HOME 案内 中米の遺跡 南米の遺跡 世界遺産 コロニアル都市


ラテンアメリカ博物館
Copyright 2016, K.Norizuki.all rights reserved