メキシコ

PR

 

メキシコ中部 遺跡巡りの旅:第1回

首都 メキシコシティ

 

目次に戻る 次回へ進む

 



今回はかなり寒く感じたメキシコシティ

2014年の1月中旬、アエロ・メヒコでメキシコシティに向けて成田から飛び立ちました。初めての直行便利用で、アエロ・メヒコはどんな飛行機を使っているのか不安もあったのですが、機体は最新のB787でした。しかも、この便は空いていて、窓側3列席を独り占めです。オンボロのB747を今だに使っているデルタ航空でペルーに行った去年と比べると雲泥の差。一眠りしたらメキシコシティに到着していました。

 20年ぶりのメキシコシティ。ここは冬でもそれほど寒くないと思っていたのですが、今回は、かなり寒いと感じました。1月中旬の日中の気温は、太陽が出ると15度位まで上がるのですが、朝晩は5度位まで下がるのです。テレビでは、「インフルエンザが流行っているので予防接種をしたほうがいい」という内容のニュースが流れていました。

ホテルはエクスペディアで予約した、街の中心部のビジネス系。移動の疲れを取るため、最初だけは、少しいい宿を取ることに決めています。ホテルから、シティの中心になるアラメダ公園は歩いて5分程度。早速、アラメダ公園周辺を散策してみましたが、20年前とあまり変化はないように感じます。強いて言えば、外国資本のレストラン、ショップなどが増えて華やかな感じが強くなりました。経済は比較的好調な感じが伝わります。


アラメダ公園前の歩道。寒そうにしている人も多い。

 

メキシコの銀座通りを歩く

アラメダ公園から、国立宮殿などがあるソカロ(中央広場)まで、歩いてみることにしました。

 公園に隣接するベジャス・アルテス(芸術宮殿)から、遊歩道になっているフランシスコ・マデロ通りを歩きます。ここはシティで最も華やかな通り。日本で言えば銀座通りに当たります。平日なのに大勢の人が歩いていて、途中には大道芸を披露する人たちもいます。高級ブランドの店はありませんが、ZARAなどの庶民派ブランドや米国のファストフード店などが多く、日曜日になると人混みで歩くのも大変な状態になります。

 10分ほどでソカロ広場に出ました。通常は、中心に巨大な国旗が掲げられただけで、何もない広場なのですが、何かの催しがあるようで、テントがいくつも張られています。広場の周囲は、マデロ通りから見て正面に国立宮殿、左側にカテドラル、右側に市庁舎などが位置します。いわゆる歴史地区の中心で、植民地時代に作られたヨーロッパ風石造りの豪壮な建物が並んでいるわけです。中でも、カテドラルは100年かけて建設されたラテンアメリカ最大のキリスト教寺院です。

 

アラメダ公園に隣接した芸術宮殿。大理石造りの豪華な劇場だ。

ソカロの風景。通常は旗が立っているだけで何もない広場。向かいの建物はカテドラル。

 

国立宮殿内の巨大壁画を楽しむ

ここでの見どころは、国立宮殿、カテドラルに加えて、アステカ時代の寺院であるテンプロ・マヨール遺跡になります。今回は、国立宮殿を訪ねることにします。

 国立宮殿(Palacio Nacional)は、内部に描かれた壁画で有名です。正面からは人の出入りが少なく、いかつい顔の警備係が立っていますので入りにくいのですが、気にせず入って行くと、空港にあるようなX線検査機と金属探知機で持ち物の検査を受けます。入場は無料です。

 国立宮殿は3階建ての石造りで、中央に噴水を持つ広い中庭が設けられたスペイン風の重厚な建物です。西側に中央階段があり、この壁面にメキシコの歴史を描いた、巨匠ディエゴ・リベラの壁画があります。フレスコ画の技法で描かれた鮮やかな色彩の壁画は、圧倒的な迫力で迫りますが、何が描かれているかわからないと興味が湧きにくいでしょうね。

 私のお勧めは、2階の回廊に描かれたメキシコの様々な古代文明とスペイン人の到来を描いた連作です。これも、内容が分からないと興味がわきません。ここに行かれるなら、ガイド付きがいいと思います。

 この時は、幸運にも、宮殿内で「マヤ展」が開かれていました。メキシコ各地から集められたマヤの石版、彫刻、土器などが数多く展示されており、展示会がなければこれだけのものを見るのは大変です。これも無料で見れたのですからラッキーでした。

国立宮殿内の中庭。ヨーロッパの雰囲気だ。

階段の壁に描かれた巨大な壁画。メキシコの歴史教育にも用いられている。

マヤ文明の生活を描いた壁画

 

メキシコシティの見学は後回しにして、次は、遺跡巡りの旅、最初の訪問地であるパレンケ遺跡を訪ねます。早速、飛行機でメキシコ東部の主要都市ビジャエルモッサに向かいました。


線

 

「目次」に戻る

 

「第2回」に続く

 



 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2017, K.Norizuki.all rights reserved