マヤ文明の世界

マヤは、現在のメキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、ベリーズ、エルサルバドルにまたがる、中米の広い地域に栄えた古代文明で、起源は紀元前1500年ころ、滅亡したのは西暦1600年代とされている。

アステカやインカといった中南米の古代文明が広い領土を有する一大帝国を築いたのに対し、マヤは中米一帯に数多くの都市国家を築いており、全土を統一するような王朝は出現しなかった。

スペイン人がやってきた時、マヤの主要な都市は衰退し、放棄されていたが、残された人々は侵略に抵抗し、古代マヤの文化や伝統を守り続けた。現在も中米に生きるマヤの人々は、時代の変化を受け入れながらも、守ってきた自分たちの文化に対する自信と誇りを維持している。

線
メキシコ南部から中米にかけて膨大な数のマヤ文明の遺跡が残されており、これまで発掘調査が行われた場所も一部に過ぎない。ここでは、公開されている代表的なマヤの遺跡を紹介する。

 width= 詳細ページへ
 







 
   
マヤの人々は現在もメキシコ南部やグアテマラなどで独自の伝統文化を守って生活をしている。大きな特徴は、村ごとに異なったデザインと配色の伝統衣装を持ち、日常的に着用していることだ。

 width= 詳細ページへ
   
線

 



ラテンアメリカ博物館
Copyright 2017, K.Norizuki.all rights reserved