タンボ・マチャイ (インカ文明)  ペルー

ペルー国旗

インカ皇帝の沐浴場

タンボ・マチャイの沐浴場
 タンボ・マチャイとは、インカ帝国の公用語であるケチュア語で「休息の宿場」といった意味。ただし、ここは旅人が休む宿場ではなく、インカ皇帝が沐浴するための施設だったと推測されている。川沿いの斜面に石組みで沐浴場が作られており、水路からは絶えることがないという水が流れ出している。

 

せん

 

沐浴場は4段に分かれていて、下の2段はインカ以前の時代、上の2段はインカ時代に作られたものだのものだそうだ。

 沐浴場は向かって左側が男性用、右側が女性用に分かれていた。

写真右側の沐浴場の向かいには見張り台が設けられている。ここからは、タンボ・マチャイの出入り口の先にあるプカ・プカラが見えるようになっており、皇帝が沐浴している間、プカ・プカラの見張りと連携して、不審者などが近づいてこないか監視と護衛をしていたという 。

タンボ・マチャイの訪問レポートはこちら
第15回 タンボ・マチャイ、プカプカーラ

線

 



評価の基準:★★★★★=文句なしに素晴らしい、絶対お薦め。★★★★=かなりいい、是非一度見てほしい。★★★=なかなかいい、見逃すのは惜しい。★★=まあまあ、期待しないで見てみてはどうでしょう。★=特にお勧めはしません。無星=なんだこれ、見ても疲れるだけ。


 インカの遺跡としては規模が小さく、沐浴場しか見る所がないのが残念。ただ、周辺の自然環境がよく、のんびり散歩するにはいいかも。

  ツアーで行かないとアクセスは少し悪い。サクサイワマンからケンコーに出れば、道路をかなりの頻度で通るコレクティーボを利用できるので楽だ(下の行き方図参照)。

 評価項目  評価
 遺跡 ★★
 周囲の環境 ★★★
 アクセス ★★
 周辺施設
 お薦め度 ★★

線

 


クスコ近郊の遺跡巡りルート

クスコの近郊には、サクサイワマンのほか、ケンコー、タンボ・マチャイ、プカ・プカラなどがある。これらの場所は一日で回れるツアーがある。個人で行く場合は、タクシーで、最も遠い場所にあるタンボ・マチャイまで行き、そこから歩いてすべて回ることができる。タンボ・マチャイまではコレクティーボ(乗り合いタクシー)もあり、クスコからピサックに向かう東側の道を通っている。

 コレクティーボは、ケンコーまで行けば、遺跡の前の道をタンボ・マチャイ行きが通るので捕まえやすい。

 



 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2016, K.Norizuki.all rights reserved