カンクン(メキシコ)

カリブ海の大規模リゾート カンクン


外海に面したカンクンの長いビーチ
 カンクンは、メキシコで最も有名なリゾート地として一年を通して多くの観光客を集めている。その魅力は、驚くほどに青い海と白砂に覆われた長い海岸にある。
 世界的に見ても群を抜く美しさを誇るビーチは多くの旅行者を魅了し、メキシコはこの地の観光開発を強力に推し進めてきた。その結果、長いビーチ沿いには高級ホテルが林立し、その豪華さとサービスを競うようになった。ホテルの外にはレストランやショッピングセンターが並んでおり、夜の街路には賑やかな音楽が鳴り響き、観光客たちのお祭り騒ぎが繰り広げられている。






カンクンの全体図。ホテルは北側のプラヤ・リンダあたりから、南側のプラヤ・デルフィネスあたりまで、隙間がないほどに並んでおり、これを「ホテル・ゾーン」と呼ぶ。ビーチが美しいのはプンタ・カンクンから南の外海に面した所で、ここには超高級ホテルが多い。ダウンタウンに近いプラヤ・リンダ周辺は比較的安いホテルが多いが、ビーチはあまり美しくない。美しい海岸に面し、比較的リーズナブルなホテルを探すなら、岬になっているプンタ・カンクン辺りが狙い目だ。


外海に面したビーチは美しい
 ビーチに面して高級ホテルが並んでいるが、プライベートビーチではないので、海水浴は誰でも自由にできる。ダウンタウンの安いホテルに宿泊し、市内循環バスでビーチまでやってくる人も多い。場所によって波打ち際に積み重なる海草が少し気になるが、高級ホテルの前ならホテルの従業員が毎朝掃除をするので綺麗になっている。


プンタ・カンクン付近のビーチ。
 写真の施設はホテルのもので、宿泊客専用。高級ホテルはオールインクルーシブという、宿泊だけでなく食事、飲み物、施設利用、アトラクションがすべて込みになっていることがある。


ビーチの夕暮れ
 カンクンは熱帯性の気候で一年を通して晴れることが多い。特に夏は気温と湿度が高く、スコールのような雨が降る。この写真は2月だが、この時期の天気はかなり気まぐれで、時々雨が降る寒い日があるかと思えば、カラッと晴れて暑くなったりした。


プラヤ・リンダ近くの海岸
 プラヤ・リンダ付近にはレジャー用のボートが係留された桟橋がたくさんある。海のツアーの出発地になっているわけだが、この海岸沿いには比較的安いホテル並んでいる。


海のレジャーも充実している
 海岸を南に下ったところには、様々な海のアトラクションが楽しめるアクア・ワールドという施設がある。マングローブ林に覆われた周辺水域を二人乗りのモーターボートで走るジャングルツアーが人気だ。


大規模なショッピングセンター「ラ・イスラ」
 土産物屋やレストランがあるショッピング・センターはいくつかあるが、テーマ・パークのような大規模なショッピング・センターはこの「ラ・イスラ」だけ。ラグーンに面して並ぶレストランは雰囲気が良く、リゾート気分が満喫できる。


夜のカンクンは賑やか!
 ホテル・ゾーンの中心といえるプンタ・カンクン近くにはナイトクラブやレストランが集中している。特に有名なココ・ボンゴというクラブの周りは、ナイトライフを楽しむ観光客で大騒ぎ。カンクンに行ったら、是非、夜の街も楽しもう。ココ・ボンゴ周辺は観光客が多く、危なくはないが、リスクは常にある。特に、移動に注意が必要だ。


庶民派ビーチリゾート
イスラムヘーレスはこちら width=

 

ダウン・タウン

ダウン・タウンにあるバス・ターミナル(左)と市内を走る路線バス(右)
ダウン・タウンのバスターミナル周辺
 空港から出ているダウンタウン行きのバスに乗ると、左上のターミナルに着く。この周辺には安いホテルが多い。また、日本人の旅行者がよく利用する日本人宿も歩いて行ける距離にある。その一つ、CASA吉田はターミナルから南東に徒歩7〜8分。角にOXXO(オクソ)というコンビニがある路地を入る。
  ここからホテルゾーンに行くには、市内循環バスが便利。トゥルム通りにある市役所前の反対側から、フロントガラスにR-1かR-2と書いてあるバスに乗ればホテルゾーンに行くことができる。

 




ラテンアメリカ博物館
Copyright 2013, K.Norizuki.all rights reserved