ティカル遺跡

PR

 

中央アメリカ 遺跡と自然巡りの旅:第8回

グアテマラ

マヤ最大級の遺跡 ティカル



前回に戻る 目次に戻る 次回へ進む



スターウォーズ第1作に登場した遺跡

フローレス観光の目玉は、マヤ最大級と言われるティカル遺跡です。私が、初めてティカル遺跡を訪ねたのは35年前。大変な苦労の末にたどり着いた未知の遺跡でしたが、密林の中で優美な姿を見せるピラミッド神殿の神秘的な姿に私の気持ちは大きく動かされました。

  実は、ティカルは1977年に公開されたジョージ・ルーカス監督の映画「スター・ウォーズ」の第1作に登場しており、海外ではかなり知られた遺跡でした。ただ、内戦などで社会情勢が悪く、アクセスも難しかったのです。その後、中米の和平進展によって状況は大きく変わり、ティカルの観光が盛んに進められました。

  私が二度目にティカルを訪れた20年前には、観光開発と遺跡の整備が進み、多くの観光客が訪れるようになっていました。今回は三度目ですが、ティカル遺跡は日本でも有名になり、観光客は更に多くなりました。その分だけ遺跡の神秘性が薄れ、魅力も失われているのかもしれません。ただ、多くの人にマヤ遺跡の素晴らしさを味わってもらえるのはいいことです。

ティカル国立公園の入り口。ここで入場チケットを購入する。

路線バスでもティカルに行ける。

フローレスからティカル遺跡に行くには、観光会社のツアーバスを利用するのが一般的で、朝早くから数多くのツアーバスが走っています。価格はバス代だけで往復100ケッツアル(約1500円)が標準で、これにガイドが付くと150Q程度になります。ただ、この路線は競争が激しいですから、値切ることは可能です。一方、フローレスの隣町サンタ・エレーナとティカル間には地元の路線バスが走っており、これは片道30Qでした。

 ツアーバスは、ティカル遺跡公園のビジターセンター前に停まり、そこから徒歩で遺跡に入ります。遺跡群は広大なジャングルに点在しており、要所に掲げられている案内図を参考に目的地を目指します。

ティカルのビジターセンター。博物館、レストラン、土産物屋などがある。

遺跡の入り口。右側の小屋でチケットをチェックしている。

ティカルの中心部に位置するグラン・プラサ

最初は、ティカルの中心であるグラン・プラザに行くことにしました。ティカルの主要なピラミッド神殿は6つあり、1号から6号まで番号が振られています。このうち、最もティカルらしいフォルムをしているのが1号神殿。通称「ジャガー神殿」です。グラン・プラザは、この1号神殿と向かいにある2号神殿に挟まれ、北側は北アクロポリス、南側には中央アクロポリスが面しています。

 1号神殿は高さが52mありますが、ティカルでは3号、4号、5号神殿の方が高い建造物です。ただ、ピラミッドがほぼ完全に修復されており、細長い四角推をした独特のフォルムを見ることができます。ピラミッドの正面には上部の神殿へと昇る階段が設けられていますが、下に立つとほぼ垂直になっているのが分かります。以前は、この階段を昇ることができたのですが、以前、観光客が落下して死亡したという事件がありました。そのせいではないのですが、現在は登ることができません。これは、マヤの主要な遺跡で行われているのと同じ、建造物の保護ためです。

 向かいの2号神殿は、ピラミッドの後方に見学用の階段が設けられており、上部に昇ることができます。ここからは、緑のグラン・プラザに面して建つ、正面の1号神殿の威容と南北両側のアクロポリスが一望できます。

遺跡内は密林に覆われており、何本もの見学路が設けられている。要所に立てられている標識をよく見ないと迷ってしまう。

グラン・プラサに面して建つ1号神殿。

ティカルを代表するピラミッドである1号神殿。登頂は禁止されている。

1号神殿と向かい合わせに建つ2号神殿。こちらは上部テラスに登ることができる。

2号神殿の上から見たグラン・プラサと1号神殿。

最大のピラミッド4号神殿

グラン・プラザから西に向かうと、3号神殿があります。ピラミッド部分が土に埋もれそこにたくさんの木が生えています。この状態は35年前とほとんど変わっていません。ただ、そのころは上に登れましたが、今は登頂禁止です。さらに西に向かうと、ティカル最も背が高い建造物である4号神殿に行き着きます。

 4号神殿は高さが65m弱あります。マヤの神殿というのは、ピラミッド状の基台の上に神殿が乗っている形なのですが、この神殿の上に更に華麗な装飾を施した「屋根飾り」が付くのです。これは板状の飾りですので壊れやすく、神殿の高さが変わってしまいがちです。完全な形の4号神殿は70mを超え、マヤで最も高い建物と言われるエル・ミラドールのラ・ダンタという神殿に匹敵するということです。

 4号神殿もピラミッド部分は土に埋もれ、木が生えていますが、見学用の階段を使って上部神殿の前まで昇ることができます。以前は階段がなく、土に埋もれた斜面に生えている木の枝や根っ子などを頼りに登ったため、かなり苦労しました。

 ここからの眺めは素晴らしく、見渡す限りの樹海の中から、1号と3号神殿の頭部分が飛び出しているのが見えます。スター・ウォーズで使われたのは、ここから見た景色です。

 

完全に森に埋もれた3号神殿。上部神殿を修復中だった。

こちらも森に埋もれた4号神殿。下部基盤の修復が進んでいるので、いずれ全体が復元されるかもしれない。

4号神殿の脇に設けられた木製の階段。

4号神殿上部のテラスから見た景色。右が3号神殿、左に1号神殿と2号神殿が見える。

失われた世界から5号神殿へ

ここから南に方向を転ずると、ムンド・ペルディード(失われた世界)があります。ここにあるのはティカルで最も古い時代の建造物群で、大ピラミッドの形は、底辺が広い、どっしりとした四角推になっています。建物の形状からメキシコ中央高原の巨大文明であるテオティワカンの強い影響を受けていることがわかります。ここにある二つのピラミッドのうちタルー・タブレロ神殿のほうには登ることができ、上からは4号神殿がよく見えます。

 この辺まで来ると、もう疲れてきて見学は終わりにしたくなります。しかし、新たに修復された5号神殿を見るため頑張ります。5号神殿は高さ58m弱あり、ティカルでは2番目に高い建造物です。ただ、1号神殿のようにスレンダーではなく、形がボテッとしています。前回来た時は、まだピラミッド部分が土に埋もれていましたから、今回初めて全体の姿を見たわけですが、あまり感心しませんでした。この神殿の上からの眺めもいいのですが、現在は登頂禁止になっています。

失われた世界のタルー・タブレロ神殿。他の神殿とは形が異なり、メキシコ中央高原のテオティワカンのスタイルになっている。こちらは登ることができる。

失われた世界のメイン・ピラミッド。こちらは登頂禁止だ。

どっしりした感じがする5号神殿。

森の奥に位置する6号神殿へ行く

ここまで来ると、最後の6号神殿も見たくなります。5号神殿からはかなり距離があるのですが、方向的には出口に近いので、頑張って行くことにしました。密林の中を切り開いた薄暗い道をひたすら歩きます。途中に、グループGの遺跡群などがあるのですが、特に興味がわかないので通り過ぎます。

  果てしないと思われる道には観光客も係員も誰もおらず、森閑とした森にホエザルの咆哮が響いているのみです。途中から蚊の攻撃が激しくなり、防虫剤も効きません。動かないと、たちまち蚊が取り付くので、歩みを止めることもできなくなりました。

 道は、時々分かれたり、合流したりするので、本当に正しいルートなのか心配になります。それでも、途中で「Templo此廚箸いΥ波弔鮓つけ、また、気を取り直して進みます。森の中を30分ほど歩いて、ようやく6号神殿に到着しました。修復もあまり進んでいない小型のピラミッド神殿ですが、それが神秘的な雰囲気をとどめていてなかなかいい感じです。

 とにかくティカルは広いですから、まだまだ、見ていないところは多いのです。ただ、やたらと森の中を歩き回ると、迷ってしまい、とんでもないところに行ってしまうことがあります。数日後、再度ティカルを見学した時には、道を間違えて、ティカルの西23劼飽銘屬垢襯錺轡礇トゥン遺跡に続く道を30分も辿ってしまいました。途中で、監視員に出会い、バギーでティカルまで戻ることができましたが、冷や汗ものでした。

狭くて足場の悪い道が延々と続く。

小型だが全体像が把握できて、雰囲気がいい6号神殿。。

遺跡内には蝶や鳥などが多い。

線


「第7回」に戻る

 

「第9回」に続く



 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2016, K.Norizuki.all rights reserved