マヌエル・アントニオのビーチ

PR

 

中央アメリカ 遺跡と自然巡りの旅:第2回

マヌエル・アントニオ国立公園

 

前回に戻る 目次に戻る 次回へ進む

 



マヌエル・アントニオ国立公園に出発!!

コスタリカの見所は、国立公園や自然保護区です。ただ、あまりに数多いので、どこに行こうか迷いますね。そこで、地球の歩き方に「最も人気がある」と書いてあったマヌエル・アントニオ国立公園に行くことにしました。サンホセからバスで3時間半、直行バスが1時間に1本ほどあるので、行きやすいのがなによりです。

  午前9時発の直行バスで出発!。30分前に切符を買ったら最後に近い席でした。もちろん満員。サンホセを出て、山を降りて行くと、暑くなります。クーラーなどついていないボロバスですので車内は大変な暑さですが、乗客は我慢しているしかありません。

 3時間でケポスという街に着きました。ここで、ほとんどの人が降りてしまいました。ここは、マヌエル・アントニオ観光のベースになっていて、この町のホテルに泊まって、バスで30分ほど離れた国立公園まで出かけていく人が多いのです。公園周辺のホテルなどの値段が高いためだろうと思います。


こじんまりしたケポスのバスターミナル。

 

ホテル探しに苦労する…

10人ほど残った乗客を乗せて、バスは更に走ります。海岸部にあるマヌエル・アントニオに向けて山を下る形で、周辺にはホテルやレストランが数多く立ち並んでいます。30分ほどで終点のビーチ前に到着しました。地球の歩き方の地図には、周辺にホテルが立ち並んでいるように書いてありますが、辺りを見ると値段が高そうなリゾートホテルが1軒あるだけです。困った私は、近くの土産物屋の店員に、「この辺に安いホテルはない?」と聞いてみました。

 店員は「その先のほうにあるよ」と、草むらに隠れそうになった道の奥を指差します。「やれやれ」という感じで、重い荷物を抱えて歩き出しました。その道の先には、確かにホテルが数軒あり、1泊50ドルというホテルを見つけて決めました。値段は高いけれど、3階のバルコニー付きの広い部屋でクーラーもあります。まあ、それ以上探すのが面倒になったというのが本音です。

 ちなみに、地球の歩き方の地図を参考にするなら、バスの終点ではなく、一つ前のレストラン街で降りなくてはならなかったのです。そこから、国立公園のゲートまで、道沿いにホテルが並んでおり、ドミトリーで15ドル程度。シングルの場合は40ドル程度から100ドル超まであります。ただ、基本的にリゾート客向けの立派なホテルが多く、レストランも高くて味はいまいち。やはり、ケポスに泊まったほうがいいようです。

 

マヌエル・アントニオ国立公園のレストラン街。この道を左に折れるとホテル街がある。

国立公園のゲートに続く道にホテルが並んでいる。

ビーチのレストランで食べたフライド・ライス。まずい!!。

 

国立公園内を散歩する

マヌエル・アントニオ国立公園は朝7時に開門です。入場料は16ドルで、一度出たら再入場できません。中には売店などはないため、水と軽食を持って入りました。

  人気の公園だけに、朝早くから大勢の観光客がガイドと共に歩いています。これでは動物も出て来ないだろうと思いましたが、密林の木道を歩いていると、数匹の中型のサルが現れ木から木へ渡って行きます。その後、細い道でも2匹のサルに出くわし、私の横を悠然と歩いて行きました。

 鳥はあまり見ませんでしたが、サルは小さなリスザルの群れにも会ったし、かなりいるようです。ただ、数多いというナマケモノは見ませんでした。ガイドを雇うと、望遠鏡を使って探してくれるようですが、木の上でじっとしている動物をそこまでして見たくはないです。

 マヌエル・アントニオは、他の国立公園と比べて動物の数が多いのが特徴のようです。ビーチではアライグマが出てきますが、人間が持ち込む食物を狙っていますから要注意です。

 

国立公園のゲート。

森の中には木道も設置されている。

ノドジロオマキザルは人を恐れないので、近づいて来る。

小型のリスザルはあまり近くに来ない。

イグアナもいます。

美しいビーチを存分に楽しむ!

マヌエル・アントニオのもう一つの特徴は、公園内に綺麗なビーチがあることです。ここが人気の理由は、実は動物よりもビーチがあるからなのです。

 マヌエル・アントニオは基本的にビーチリゾートとして栄えており、国立公園の外にも長いビーチがあります(トップ写真)。ここには、パラセーリングをはじめとした様々なアクティビティも用意されており、常に大勢の観光客で賑わっています。ただ、公園外は人が多く、ビーチはあまり綺麗ではありません。一方、公園内は人が少ないため、ビーチは綺麗です。私のように一人旅だと全財産を抱えて海水浴を楽しむのは難しいのですが、公園内だと数少ない観光客以外いませんし、ビーチに置いた荷物を見ながらでも海水浴ができるのです。

  海外のビーチで海水浴を楽しんだのは久しぶりです。この日は、あまり天気が良くなかったのですが、かえって暑さが和らいで、気持ち良く過ごすことができました。熱帯林の自然とビーチが同時に楽しめる国立公園は他にもあるのですが、サンホセからのアクセスの良さを考えると、ここはかなりお勧めです。

   

公園内には複数のビーチがある。ここは泳げないビーチ

公園内の人が少ないビーチで日光浴。

ほぼ一日中ビーチを楽しむ人たちも多い。

線

 

「第1回」に戻る

 

「第3回」に続く

 



 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2016, K.Norizuki.all rights reserved