サンホセ

PR

 

中央アメリカ 遺跡と自然巡りの旅:第1回

コスタ・リカの首都サンホセ

 

目次に戻る 次回へ進む

 



サンホセの空港換金とタクシーに腹が立った。

2015年の1月中旬、デルタ航空で羽田から、ロスを経由してアトランタに向かいました。今回の安い航空券では米国内で2回乗り継ぎ、コスタリカに向かうのです。飛行時間は合計20時間ほどですが、待ち時間が計8時間ほどありますので、 28時間かかってコスタ・リカの首都サンホセに到着しました。もう、くたくたです。

 コスタ・リカは物価が高いと聞いていましたが、まず、空港からホテルまでのタクシーで驚きました。

空港を出る際、当面のお金を両替しますが、中米では空港の換金率が恐ろしく悪いのです。そこで40ドルだけ両替しました。これだけあればタクシー代と食事代くらいになると思ったのです。 空港に待っているタクシーに乗ると、運転手が「メーターが付いている」と言います。値段交渉の必要がないのは楽だと思ったのですが、走り出すと、このメーターがどんどん上がっていくのです。

コスタ・リカのお金の単位が大きいので余計そう思うのでしょうが、すぐに5000コロンを超えました。手持ちの金は16000コロンほどです。「まあ、大丈夫だろう」と高をくくっていると、数字は10000を超えて猛烈に上がっていきます。心配になった私は「このメーター、数字は正しいの?」と聞きました。すると運転手は「ちょっと表示がおかしいけど、問題ないよ。レシートを出すから心配するな」と言うのです。

 「レシートの問題じゃなく、数字が上がり過ぎるのが問題だ」と思いながら、いつホテルに着くのか気が気ではありません。とうとう15000コロンを超えました。すると、車が止まり「ここだよ」と運転手が言いました。レシートを出してもらうと15180コロン。本来は日本円で3000円ちょっとなのですが、空港のひどい換金屋のレートでは3500円を超えています。換金屋とタクシーの両方に腹を立てたサンホセ到着となりました。


サンホセの中心部。メーターを使っているタクシーが多い。

 

サンホセの見所は…?

サンホセは中米諸国の首都の中でも小さな街ですから、中心部であれば徒歩で十分に移動できます。ホテルの多くも中心部とその周辺にあり、主な観光地は徒歩で行けます。最近、コスタ・リカの治安が悪くなっているそうですが、昼間であれば歩いていても問題ありません。

 私が泊まったホテルは街の東側にあり、街の中心に当たる文化広場まで歩いて15分程度でした。基本的に、サンホセの見所はほとんどありません。文化広場の地下部分にある「先コロンブス期黄金博物館( Oro Pre Colombino)」、南側に隣接する「国立劇場」、5ブロック東にある「国立博物館」くらいです。

 古代文明の黄金製品を集めた黄金博物館は面白いですが、国立博物館はコスタ・リカの文化や歴史を紹介するもので、あまり面白くはありません。見所は謎の文明が残した丸い石くらいです。国立劇場はこじんまりした施設ですが、ヨーロッパ風の豪華な内部装飾が美しく、見る価値ありです。玄関ホール横には優雅な感じのカフェがありコスタ・リカコーヒーが飲めます。

 

文化広場横にある国立劇場。

国立劇場の玄関ホール。扉の先がカフェになっている。

 

サンホセの街歩きを楽しむ

サンホセで面白いのは、街歩きです。繁華街は街の中心を東西に横断しているアベニーダ・セントラル(中央通り)ですが、特ににぎやかなのは、文化広場から西側の5ブロックほどです。

  この通りの両側にはレストラン、カフェ、ファストフード、洋品店などが軒を連ね、いつも大勢の人で賑わっています。ここには監視の警察官も多いのですが、人ごみにはスリが多いので注意が必要です。それでも、ウインドウショッピングをしながら華やかな通りを歩くのは楽しいです。

 ふと見ると、銃砲店らしき店がありました。コスタ・リカでは拳銃が簡単に買えると聞いたのでウインドウを見ると、ありました。外国製の拳銃がズラリと並んでいます。価格は日本円で4万円から10万円程度です。後で聞くと、店で買うと許可証を取る必要があるし、高いそうで、多くの人は闇でもっと安く買っているそうです。

 

中央通りはいつも大勢の人で賑わう。

拳銃が堂々と売られている。

中華街で日本式?ラーメンを食べる!

昼時になり、中華でも食べようと思いました。20年前ここに来た時、多くの中華料理店があったため、よく中国料理を食べていたのです。

  通りを歩いていると、「中国街」と書かれた立派な門がありました。日本の中華街をイメージし、「ここなら中華料理店が多いだろう」と思ったのですが、意外にほとんど見当たりません。一般的な商店や普通のレストランにまぎれて1〜2軒ある程度です。しかも、あまりおいしそうな感じもしません。どうしようかと迷いながら歩いていると、「Ramen」と書かれた店が目に入りました。

 「これは日本のラーメンではないのか」と思い、店に入ると、やはりラーメンの店でした。値段は最も安くて4500コロン、それに飲み物(コーラ)が800コロンで、5300コロンになります。日本円で1100円くらい。高いです。どうしようか迷いましたが、話の種にと注文しました。

 しばらくして、出てきたラーメンは、中米諸国で使う一般的な中華麺に魚介系のしょうゆ味スープを合わせたもの。そこに野菜と卵と鶏肉が載っています。はっきり言ってまずいです。スープの味が全然だめですし、麺もひどい。こちらの中華料理店では焼きそばも汁そばも同じ細い麺を使いますが、にゅうめんとは言えてもラーメンとは言えません。

 ただ、店員は「日本人が自分たちの作ったラーメンを食べてくれた」という感じで、「どうですか、お味は?」と、笑顔で聞くのです。さすがに「まずい」とは言えず、「おいしいですよ…」と応えておきました。たぶん、この店は、1年たたないうちに別の料理を出す店になると思います。

 ところで、コスタ・リカのレストランでは、通常、サービス料と税金を合わせて23%が会計に加算されます。この店はそれがありませんでしたので、良心的とは言えます。それにしても1100円の昼飯は痛い出費でした。  

サンホセ中心部にある中国街だが、中華料理店は少ない。

中国街の中にある地元の人がやっているラーメン屋。

チキン入りラーメン。見てくれはともかく、味はいまいち…。

コスタ・リカの困ったホテル事情

物価が高いコスタ・リカですから、ホテルもかなり高いです。最初に泊まったホテルはExpediaで予約し日本円で5000円ちょっとでした。住宅街にある個人の家を改造した民宿かペンションといった感じですが、部屋はバス付きで快適、環境も悪くありません。フルーツたっぷりの朝食が付いているのも良かったです。ただ、5000円は高すぎますので、翌日は近くにあった、コスタ・リカ・バックパッカーズという宿に変わりました。

  欧米人の若者に人気の宿ということでしたが、バス・トイレ共同の個室で35ドルでした。この宿が人気の理由は、共有の設備が整っていることで、庭にはきれいなプールやハンモックがあり、自由に使えるキッチンや食堂もついています。

 一見、良さそうに見えるのですが、部屋が狭くて暗い上、二階がドミトリーになっていて、夜中まで歩き回る音がうるさくて眠れないのです。いくら共有設備が良くても、やはりホテルは部屋がよくないとどうしようもありません。これで35ドルとは、がっかりでした。

 ちなみに、その後泊まった地方のホテルも35ドルから50ドルの間で、他の中米諸国から比べるとかなり割高です。例えば、グアテマラで50ドル出せば立派な中級ホテルに泊まれますが、コスタ・リカではボロい民宿クラスです。物価は日本とあまり変わらないと考えればいいかもしれません。  

コスタ・リカ・バックパッカーズの外観。立派な感じの建物だ。

コスタ・リカ・バックパッカーズの中庭にあるプール。寒くて入れなかった。

線

 

「目次」に戻る

 

「第2回」に続く

 



 
ラテンアメリカ博物館
Copyright 2016, K.Norizuki.all rights reserved